長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

校長講話

校長講話_NO.185「思い巡らす、ということ その1」

2021年05月31日

 今月は聖母月ですので、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えます。私が唱えますので、皆さんは耳を傾けて下さい。

 今年の聖母月の目標は、「今起きている出来事を心におさめて思いめぐらし、自分ができることを行おう。」です。クラス委員会の皆さんが考えて下さいました。とても良い目標で、聖母月だけでなく、いつも心に留めておきたいものだと思いました。

 この目標は、新約聖書「ルカによる福音書」2章15節から19節に基づいています。イエス誕生の場面です。その場面を簡単にまとめると、次のようになります。

 羊飼いたちが寝ないで野宿をし、羊の群れの番をしています。すると、そこに天使が現れ、羊飼いたちに告げます。「今日、ダビデの町に救い主がお生まれになった。あなた方は、布にくるまって飼い葉桶の中で眠っている赤ちゃんを見つける。」と天使が言ったのです。そして羊飼いたちは救い主に会うために出かけます。l

 ルカによる福音書2章15節から19節をお読みします。

 「天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、『さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか。』と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。」最後の部分をもう一度、お読みします。「しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。」

今年の聖母月の目標「今起きている出来事を心におさめて思いめぐらし、自分ができることを行おう。」はマリアのこの態度からとられています。2000年前のマリアのこの姿勢から、現代に生きる私たちは多くのものを学ぶことが出来ます。来週はそのことについてお話できればと思います。

藤の花.jpg

藤の花(城山公民館隣にて)

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜