長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

校長講話

校長講話_NO.163「イギリスの旅 その3」

2020年11月11日

 皆さんはイギリスの正式な国名を知っていますか。ちょっと考えてみて下さい。イギリスの国名はThe United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandです。日本語にすれば、「グレートブリテン島と北アイルランドの連合王国」でしょうか。グレートブリテン島の西に浮かぶのがアイルランド島です。アイルランドは独立した国ですが、アイルランド島の北部は北アイルランドでイギリスの連合王国を形成しています。グレートブリテン島は、イングランド、スコットランド、ウェールズの3つの地域から成っています。

 先週もお話しした様に、私は30歳になるちょっと前に初めて海外に出て、イギリスを一人で旅しました。今から考えると少し不思議な感じがしますが、当時、観光地にももちろん興味はありましたが、それ以上に「出来るだけ北に行ってみたい。」という気持ちが強くありました。それまでに北海道を何回か旅をして、北国を魅力的に感じていたからかも知れません。

 ストラッドフォード=アポン=エイヴォンを後にして、次はヨークという古い町に行きました。ヨークは中世の城壁に囲まれた町で今でもその城壁の上を歩くことが出来ます。そこで2日程過ごし、さらに北へと旅を続けました。ブリットレイルパスという旅行者だけが購入できるイギリスの鉄道乗り放題のパスを使っての列車での旅でした。

 グレートブリテン島の北の三分の一はスコットランドです。スコットランドではイングランドとは別のお札が使われていて驚きました。2014年にはイギリスからの独立の是非を問う住民投票が行われ、世界の関心を集めました。私はスコットランドの首都、エジンバラを訪れました。エジンバラのあるローランド地方はスコットランドの入り口で、少しずつイングランドとは気候風土が変わってくるあたりです。エジンバラは「ヨーロッパの宝石」と呼ばれる美しい古都です。タータンチェックのスカートをはいたおじさんが街角でバグパイプを吹いていました。

 出来るだけ北へ行きたかった私は、この旅ではエジンバラまで来るのが精一杯でした。帰りの飛行機の航空券を買ってあったので、ロンドンを発つ前日までエジンバラにいてその日の夜行列車でロンドンに向かいました。ロンドンに着く前に車掌さんがお客に熱いコーヒーを出してくれたことを覚えています。もっと北へ行きたかった、と思いつつ最初のイギリスの旅を終えたのでした。

中央通りイルミネーション.jpg

(中央通りのイルミネーション 11月10日撮影)

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜