長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

校長講話

校長講話_NO.151「卒業生から日本画を寄贈して頂きました」

2020年07月27日

 もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、校舎に新しい絵が飾られています。先日、皆さんの大先輩である、41期の卒業生がご自分で描かれた日本画を4点、寄贈して下さいました。

 卒業生のお名前は、碓田奈穂(うすだなほ)さんと言います。職員室の入り口近くに大きな日本画があります。その絵を描いた日本画家、溝口琴子さんのお弟子さんです。

 4点のうち、50号の大きさの2点を、正面玄関を入った左側の壁面に飾らせて頂きました。roll position という絵で、渦巻き状に巻いた布を上から見たものがデザインされています。

 10号の2点は花の絵で、1枚は薔薇、もう 1枚はゆりの絵です。薔薇の絵は中学1年生の教室に、ゆりの絵は校長室に飾らせて頂きました。

 日本画の絵の具は、西洋画の油絵の具と違って、岩石を砕いたものを和紙に乗せていきます。日本画の魅力は絵の具の魅力だと碓田さんはおっしゃっています。絵の具を重ねていっても、粒と粒の間から下の絵の具が見えるとのことです。皆さんも是非、じっくりと見て下さい。

 碓田さんに、「日本画を描いていて、一番嬉しい瞬間はどんな時ですか。」とお聞きしたら、次のような答えが返ってきました。

 「絵を描き始めてから、描き終えるまで、全ての時間が楽しいという訳ではありません。順調に進まないことが多く、苦しい時間が長いです。けれども、そのような時間を過ごして、いよいよ絵が完成に近づいて来た時に小さな幸せを感じます。」とおっしゃいました。

 碓田さん、素敵な絵をありがとうございました。

IMG_0108.JPEGIMG_0107.JPEG

正面玄関に展示された碓田さんの作品

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜