長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

清泉日記

No.440 清泉スタサプ通信vol.5

2020年05月21日

5月14日(木)校長より

「今『新しい生活スタイルを』ということが言われるようになりました。そのこと自体は理解できるのですが、私はそれと同時に、いやそれ以上に『新しい価値観』『新しいものの考え方』が大事なのではないかと思います。生活の中で、もっと大きな事を言えば、人生で何を大切にするか、何に重きを置くか、ということが『生活スタイル』以上に大切なことのように思います。そこが変われば、自然に『生活スタイル』も変ってくるのだと考えています。なかなか難しいことではありますが。」

生徒より

「これから新しい生活様式になります。 そうなってしまったら、机をくっつけてお弁当を食べれないのかなと思います。とても残念です。 でもそんなささいなことで、大切な人を守り、今までの生活を取り戻せるのかと思うと、我慢するしかないと思います。 早く、新しい生活になれるように頑張りたいです。」(中学)

「私が休校中に感じた事は、 学校に登校できていた事、授業を受けていた事、友達と会えて話していた事、 が当たり前ではなかったと思いました。 そして、いつも聴いている鳥の声も違う気持ちで、聞く事ができると思います。」(中学)

「私はある本で『人は、その視野の範囲でしか成長できない。』という言葉を読みました。視野が狭いと自分の可能性を狭めることになってしまうので、広い視野を持つことの大切さを改めて感じました。」(中学)

「コロナの影響で、多くのものへの価値観が変わりました。元々、大切にしてきたものはさらに大切に思えるようになり、今までは当たり前に感じていたこともありがたさを感じるようになりました。きっと私は、元の生活に戻り始めた頃に、また当たり前に感じるように感覚が戻ってしまうのではなく、どんどんそのありがたさを感じるようになると思います。」(高校)

IMG_0467.JPG

ポスターとうちわのデザインを掲示中です。力作揃い!

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜