長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

校長講話

校長講話_101「清泉の創立者 聖ラファエラ・マリア」

2018年05月23日

明後日、518日は、創立記念日です。

本校の創立記念日である518日は、何を記念する日でしょうか。中学23年生の皆さん、高校23年生の皆さん、覚えていますか。

私たちの学校の創立者は、スペイン人の修道女、ラファエラ・マリアです。ロッカールームから事務室に行く階段のところ、ロッカールームの奥、短い階段を上ったところに、ラファエラ・マリアの写真、肖像画が飾られています。現在、世界の20数か国に、ラファエラ・マリアの思いを今日まで引き継いだ学校があり、本校もその一つです。同じ教育モットーのもとに、多くの生徒たちが学んでいます。国境を越え、人種の違いを越えて、同じ教育モットーのもとに、世界各地で、多くの若者が学ぶ、ということは、考えてみるとすごいことだな、とあらためて感じます。

ラファエラ・マリアは1850年の31日にスペインで生まれました。そして、1925年の16日にイタリアのローマで亡くなります。その生涯は、人びとのために仕える、奉仕するということに徹底していたと言われています。今の教皇、フランシスコは、ラファエラ・マリアの伝記をお読みになっていて、彼女の生涯を知ることは自分にとって大きな助けになった、と語っています。

カトリック教会では、特別な徳を持ち、生涯においてキリスト者にふさわしい行いをした人が、「聖人」に認められることがあります。聖人の「聖」は聖書の「聖」です。皆さんのよくご存知のマザー・テレサは2016年の94日に聖人とされました。ラファエラ・マリアはお亡くなりになって、51年後の19761113日に聖人と認められます。その前の段階として、1952年の518日に福者と宣言されました。福者の「福」は幸福の「福」です。清泉女学院ではこのラファエラ・マリアが福者とされた518日を記念して、創立記念日としています。

5月はイエス・キリストの母、聖母マリアの月であると同時に、私たちの学校の創立者ラファエラ・マリアを想う月でもあります。一日一日の歩みを大切にしていきましょう。

ラファエラマリア.bmp

聖ラファエラ・マリア

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜