長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

校長講話

校長講話_97 一事が万事

2018年03月28日

 今朝は本年度最後の放送朝礼ですが、特にあらたまった話ではなく、ことわざのことを話そうと思います。

 先日、先生方と話しをしていて、古くから伝わる「ことわざ」には、昔の人の知恵が詰まっているという話題になりました。私も、年齢を重ねれば重ねる程、ことわざに感心することがしばしばです。例えば、「急がば回れ」という誰でも知っていることわざも、とても長い年月を経て得られた人間の知恵のように思われます。

 先日、卒業した高校3年生に「一事が万事」ということわざについてお話をしました。皆さんは、「一事が万事」ということわざを聞いたことがありますか。3年生にお話しした時、そのことわざを知らない方もいたので、今朝は「一事が万事」についてお話しします。

 「一事」は数字の「一」に物事の「事」で、「一事」です。「万事」は「一万」「二万」の「万」に物事の「事」で、「万事」です。これは、ちょっと、怖いことわざです。「怖い」というのは、私などは、このことわざを思い浮かべる度に、自分自身を反省するからです。

 「一事が万事」というのは、ある人が一体どんな人かを見極める時に、「たった一つのこと」を見れば良い、一つのことを見れば、他の多くのこともすべてわかる、という意味です。つまり、「一事が万事」というのは、「一事」を見れば「万」のことがわかる、ということです。

 皆さんが、先程唱えた「長野清泉の祈り」の中の、「大きなことだけではなく小さなことも、心をこめて行うことができますように」という所に通じる部分があると思いませんか。

 それにしても、「一事が万事」、たった5文字で、大きな存在感のあることわざです。皆さんにもきっとお気に入りのことわざがあることでしょう。自分の好きなことわざを紹介し合うのも面白いかもしれません。

清泉生イラスト.bmp

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜