長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

清泉日記

クリスマスの集いが行われました

2017年12月09日

長野清泉では、本日、イエス・キリストの誕生を祝う「クリスマスの集い」を行いました。今年のテーマは「あなたの御言葉は私の道の光。私の歩みを照らすともしび」です。司式は濱田壮久神父様(カトリック末吉町教会)です。赤ちゃんのイエスを抱いての入場の様子です。

DSC08432.JPG

ミサの中で、中学、高校、清泉女学院大学、清泉女学院短期大学、さゆり会、愛泉会の代表者が共同祈願をささげました。

DSC08441.JPG

中学・高校の生徒たちは今日のために、一か月前から「クリスマスの実行」に取り組んできました。「実行」とは、私たちが謙虚であたたかな心の持ち主になれるよう、また、まわりの人のために行動できる人になれるよう、日々、小さな善いおこないを「実行」しようという本校の取り組みです。ひとり一人のそのおこないを、本日、幼子イエスに贈り物としてささげました。また、清泉女学院大学、清泉女学院短期大学、さゆり会、愛泉会の方々からも、今年の活動の実りを奉納していただきました。

DSC08453.JPG

DSC08459.JPG

神父様は「幼子イエスの誕生は希望の灯そのものであり、クリスマスに私たちひとり一人の中にその灯がともされた」と話してくださいました。集いの中で、その灯を象徴するように、キャンドルサービスをおこないました。皆で灯を分かち合い、その暖かさに会場が包まれました。

DSC08447.JPG

すべてのひとの心に、希望の灯がともりますように。

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜