長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

校長講話

校長講話_79 「卒業生の詩歌集『ひとすじの道』」

2017年05月31日

先日、神奈川県三浦郡葉山町にお住いの茂澤様から、本校の図書館に詩歌集をご寄贈頂きました。

詩歌集の書名は『ひとすじの道』、作者は岡本きよみさんです。作者の岡本さんは、皆さんの大先輩で、本校を昭和31年に卒業なさいました。61年前の卒業生です。

岡本さんは、ご病気のため高校を卒業するのに5年かかりました。そして、20歳で大学の文学部に進学するも、22歳の時に、ご病気で大学をやめざるをえませんでした。

その後は、病院、療養所の入退院を繰り返し、5年前の2012年1月にお亡くなりになりました。

今回、ご寄贈頂いた詩歌集『ひとすじの道』に収められている歌は、1974年、岡本さんが38歳の時に、山梨県で一人、療養生活を送っていた時期に作られたものです。岡本さんは、どこに発表するつもりもなく、短歌を小さなノートに書いていきました。そのノートは、巡り巡って叔母様の手元に残されました。岡本さんが75歳になった時、一度も社会に出ることのなかった岡本さんの「生きた証し」として、ご親族の方が本にまとめて、出版なさったのです。

今朝は、その詩歌集『ひとすじの道』から、短歌を2つ紹介します。

ふと風の何かさヽやく時あればくすしき宝地の上にあり(p32)

しとしととむせぶ雨音聞いておる我が身いとしく胸のふるえる(p136)

御本は、図書館前の展示ケースに置かれています。皆さんが、手に取って一首でも、二首でも読めば、天国の岡本さんは喜ばれることと思います。是非、読んでみて下さい。

DSC06448.JPGDSC06449.JPGDSC06453.JPG

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜