長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

清泉日記

No 7「はるかのひまわり」が咲いています

2012年08月01日

DSCN3337.JPGこのヒマワリは「はるかのひまわり」として知られているものです。1995年1月17日のことです。阪神・淡路大震災が起こりました。その震災で、加藤いつかさんは、妹さんのはるかさんを亡くされました。そしてその年の夏のこと、震災で倒壊した家の瓦礫に、たくさんのひまわりが咲いているのを近所の方が見つけます。そのひまわりは妹のはるかさんが種をまいていたものでした。震災という悲しい出来事の中で、人々はそのひまわりに「はるかのひまわり」と名付け、今も大切に育てています。

2010年には、長野清泉の演劇部では、「はるかのひまわり」にまつわるオリジナルの劇を上演しました。その年のクリスマスの集いでは、加藤いつかさんを神戸からお招きして、御講話もいただきました。その時に頂戴した種から育てたヒマワリが、元気に中庭で咲いています。東日本大震災のことも覚えながら、「はるかのひまわり」のことを記しました。今日から8月です。 

追伸 次回アップは完全休校後の22日を予定しています。皆様、よき夏をお過ごしください。

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜