長野清泉女学院中学・高等学校 | ひとり一人、花を咲かせる6年間

MENU

看護栄養 ─進学コース─ | 高校のご案内

いのちの現場に臨むこころを育てる

目指すは看護師、栄養士

看護師や栄養士など、人のこころとからだを支える分野で活躍したい人たちのためのコースです。国公立・私立大学の看護医療系学部・栄養系学部や、看護専門学校への合格を目指します。学習においては、進学後も必要となる理系科目の学習をしっかりとサポートします。いのちについて考えるワークショップも毎夏行っています。

授業日数(1週間当たり)

授業日数

※時間数は選択の一例です。

学生の声

看護栄養コースでは、ステップアップのカリキュラムが豊富で、理数系だけでなく文系もまんべんなく学ぶことができ、私にとって進学に向けた最適なコースだと感じています。このコースでは、看護体験やワークショップなどを通じて、いのちの現場に触れることができ、よき刺激を与えられています。看護師や栄養士など具体的な夢をもっている仲間も多く、共に影響し合いながら「心豊かな女性」に成長できるようになりたいです。

卒業生からのメッセージ

周りの人を幸せにすること、それが本当の愛の行いです

幼い頃から人と関われる仕事に就きたいと考えており、看護師も将来の夢の一つでした。私が本当に看護の道に進もうと考えたのは大好きな祖母の死がきっかけです。初めて身近な人を亡くし命の尊さを実感し、人の命、人生と向き合える職に就きたいと考え、看護の道に進みました。

私が清泉生の時に出逢った言葉に、創立者聖ラファエラ・マリアの「周りの人を幸せにすること、それが本当の愛の行いです」という言葉があります。この言葉は今でも私の支えになっており、自分のことだけでなく、周りの人、患者様のことを大切に考える心を教えて下さいました。人を想いやる心を養えたのも清泉で過ごした三年間があるからだと思います。

看護大学卒業後は、助産師の資格を取得するために専攻科に進学し、四月から助産師として働いています。お母さんのお腹の中で育っていく小さな命に感動しながら日々仕事をしています。

高校生活では、挫けそうなときも沢山あると思いますが、皆さんの周りには相談に乗ってくれる先生方、友人、家族がいると思います。ぜひ夢の実現に向けて頑張ってください。
私も助産師として成長していけるように頑張ります。

社会福祉法人恩賜財団母子愛育会
総合母子保健センター愛育病院  看護師

東京女子医科大学看護学部
東京医療保健大学助産学専攻科 卒業
(妙高市立妙高中学校)
進学コース(看護医療)2011年 卒業

学校説明会・体験授業

高校 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜

中学 学校説明会・体験授業・模擬入試・入学者選抜